Close

Banner promo haut de page

のテクノロジー

プロジェクトについて相談する

お問い合わせ

接触型スマートICカードのエンコーディング

接触型ICカードは25年以上前に誕生しました。以降、10億枚を超えるカードが販売されています。.

これは「マイクロプロセッサ」チップが内蔵された(クレジットカードサイズの)プラスチックカードです。このチップは磁気ストライプの100倍以上のメモリ容量があります。

このカードはデータの追加、消去、変更のために再プログラムすることができます。

Contact-Smart-Encoding_medium
 

データのエンコーディング原理 :

接触型ICカードでのデータのパーソナル化(エンコーディング)は、バッジを着用している人には殆ど分かりません。行われるプロセスは、使用されているICカードのタイプによって、導入方法や複雑さが異なります。
一般的には、コンピュータと同じように、バイナリデータが極小化された電子回路に書き込まれます。

エボリスプリンタでの接触型スマートICカードのエンコーディング :

チップをパーソナル化するために、ぺブル、デュアリス、クワンタムおよび セキュリオンには接触型ICカードステーションが付いています(ISO 7816-2規定のデータ・エンコーディング)。また、これらのプリンタはDB-9コネクターも装備しています。このコネクターはステーションに直接つな がっており、ここにチップのプログラム用の外部のリーダー/エンコーダをつなぐようになっています。

このパーソナル化ソリューションは幅広い要望に対応することができ、数分で最終的な接触型スマートICカードが得られます。