Close

Banner promo haut de page

パリ地下鉄のNavigoカード

プロジェクトについて相談する

お問い合わせ
すべてのケーススタディを表示する
Logo-RATP-300X192

 

課題   

パリ地域では2013年時点で毎日830万もの人々が公共交通機関で移動しています。この膨大な人の流れを最適化して混雑しないようにすることは、RATP(パリ交通公団)にとって最優先事項です。 

 

 


zenius card printer

Zenius, The compact and agile card printer

ソリューション

2001年の非接触型パスNavigoの導入は、こうした課題の克服に大きく貢献しました。「クラブカウンター」と呼ばれるさまざまなサービス拠点や、地下鉄網全体に配置された販売場所で入手できるこのカードは、エボリス製カードプリンタによって直ちにパーソナル化されます。 

具体的には、各Navigoパスには以下が実行されます。

  • ユーザーデータをRATPのITシステムに保存
  • 乗客の写真をその場で撮影
  • 非接触型RFIDチップをエンコード化し、Evolis PebbleまたはEvolis Zeniusプリンタを使用してカードをグラフィカルにパーソナライズ化

これらはすべてほんの数分で完了します。


Card-RATP-navigo-300X192

 

結果

10年間で何百万枚ものNavigoパスが発行されました。ここでもエボリス製プリンタの信頼性と印刷の高速性が証明されました。RATP IT部門のビジネスマネージャー、Jean-Paul Lefèvre氏は次のように述べています。

「我々がエボリスを選択したのは、使いやすい、効率的である、信頼性が高い、という我々の条件をPebbleとZeniusプリンタが完全に満たしているからです。さらに、我々がLinux環境への移行を決めたとき、エボリスは我々をサポートするとともに、互換性のあるプリンタドライバを開発してくれました。」

このケーススタディを共有する