Close

Banner promo haut de page

すべてのケーススタディを表示する
Logo-GOVERNMENT-of-INDIA-300x192
 

課題

インド当局が数年前に開始した道路安全ポリシーで際立ったのが、運転免許証の更新です。インドで最も人口密度の高いウッタル・プラデーシュ州(2億人超)では最近、インドの他の11州に続き、運転免許証信頼性が高く安全で運転者の情報をすばやく取得できる銀行カード形式で提供することを決定しました。

 

 

 


primacy-card-printer-front
Primacy, The fast and versatile card printer

ソリューション

このスマートカード式運転免許証を発行する手段として選ばれたのが、エボリスのソリューションです。このプロジェクトでは、インド市場のエボリス販売代理店であるRajpurohit Cardtec社と、統合を担当するM-Tech Innovations社が連携して作業に当たりました。今後5年間で1000万枚以上の免許証を印刷するため、2013年に250台を超えるPrimacyプリンタが導入されました。

 

 

 

 


Card-Indian-driving-license-300X192
 

結果

ウッタル・プラデーシュ州のプロジェクトはインド当局がエボリスのソリューションに寄せていた信頼を裏打ちし、エボリス製プリンタは運転免許証のパーソナル化手段として市場への浸透を促進しました。

Evolis Indiaのマネージャー、Jagdish Rajpurohitは次のように述べています。「数年来、インドではエボリスプリンタに多大な信頼が寄せられています。このため、すぐにPrimacyが選ばれました。Primacyにはいくつもの利点があります。印刷の信頼性とプロ品質の仕上がりという点において突出しています。」

当社の計算によると、エボリスはインドのIDカード印刷市場で80%のシェアを占めています。2001年以来、DualysおよびPebbleプリンタは、パンジャーブ州、デリー州、ジャールカンド州、マディヤ・プラデーシュ州、ゴア州、カルナータカ州を中心に、何百万もの運転免許証をパーソナル化しています。 

このケーススタディを共有する