Close

Banner promo haut de page

コルドバの住民管理のデジタル化に貢献

プロジェクトについて相談する

お問い合わせ
すべてのケーススタディを表示する
Print citizen card for the povince of cordoba

課題: 広大な州全域でIDカードの即時発行を可能にすること

  • 行政手続きの管理を簡略化するため、コルドバ州政府は「デジタル市民権」プラットフォームを設立しました。このプラットフォームは、住民が行政サービスや行政手続きにアクセスでき、個人データを管理できるようにするものです。
  • これに並行して、役所にPrimacyプリンタを配備して、住民一人ひとりに専用のIDカードを発行できるようにしました。
  • 本プロジェクトは、たった4か月で完了しました。

 

 

 

primacy-card-printer-front

ソリューション:Evolis Primacyによる分散印刷

コルドバ州は面積が広大であるため、当局はプリンタの設置後に技術サポートをそれほど必要としない分散ソリューションを求めていました。Primacyは、その要件を満たしました。

「コルドバ州政府は、最低限の技術サポートだけで済むシステムを探していました。プリンタを広大な州全域に設置しようと考えていたためです。Primacyは、このプラグアンドプレイソリューションの要件を完全に満たしていました」 - ID Group S.A.社長、Gustavo de Sousa氏

カード作成は2段階で行います。

  1. 住民が役所の窓口で個人データを登録し、行政職員が住民の顔写真を撮影します。
  2. これらの情報がPrimacyプリンタに送信され、1分足らずでパーソナル化されたカードとして発行されます。

 

 

The card printed for the province of cordoba

結果:IDカードが行政のパスポートに

IDカードは、住民にとってまさにパスポートのような役目を果たしています。これにより婚姻、納税、年金、土地登記などの多くの行政手続きが行えるようになりました。住民が取り寄せた書類、および提出した書類はすべてポータルに保存されるため、それらの書類が改めて必要となったときに、同じ手続きを繰り返す必要はありません。

「Primacyには、設置が簡単、ソフトウェアが直感的で使いやすい、エラー発生率が非常に低い、カードを高速で発行できるといった利点があります。まさにこのプロジェクトに最適のプリンタでした。アルゼンチンの他の州でも、将来的に導入が進められ、利用地域が拡大していくことでしょう」 - Gustavo de Sousa氏

 

このケーススタディを共有する