Close

Banner promo haut de page

すべてのケーススタディを表示する
logo_sicta
 

課題

Société Ivoirienne de Contrôles Techniques Automobiles(SICTA)は2012年に、自動車検査証の偽造対策のため、自動車検査の審査適合と自動車税納税の両方を証明する安全な公的文書を発行する意向であることを発表しました。

 

 

 

 


Securion-card-printer-front
 

ソリューション

証明書をすぐに提示できるという利便性から、クレジットカード型のプラスチックカードが選ばれました。

Evolis Securionソリューションは、さまざまな偽造防止機能を備えており、品質、安全性、速度の要件を満たすことから、SICTAの注目を集めました。

 

 

 

 


tax vignette on plastic cards
 

結果

Securionプリンタは、さまざまな使用条件に合わせてカスタマイズされた後、コートジボワール共和国内の約30か所のテストセンターに導入されました。

これにより、利用者が時間を節約できるだけでなく、政府は自動車の流通台数や納税額を正確に把握できるようになりました。

 

 

 

 

SICTAのITディレクターRobert N'Goran氏は次のように述べています。「提案のあったソリューションをいくつか検討させていただいた上で、我々の関心を集めたのはEvolis社のSecurionプリンタでした。同プリンタは偽造防止機能が豊富で、我々が設定した品質、安全性、速度の条件をすべてクリアしていました。」

 

このケーススタディを共有する