Close

Banner promo haut de page

値札:食品ラベルの統一により、消費者への情報提供をさらに充実

2014年 /12月/ 12日 年 月日

プロジェクトについて相談する

お問い合わせ
price tags for baguette
 

食品ラベルの統一により、消費者への情報提供をさらに充実

2014年12月13日、ヨーロッパでは食品に関する2つの規則が新たに施行されます。食品のラベル表示を統一し、より多くの情報を求める消費者の声に応えることが目的です。

  • 規則(EU)No 1169/2011、通称INCO規則

この規則は、未包装の加工食品を販売するすべての食品事業者に、取扱い商品のアレルゲン情報を消費者に提供することを求めます。
対象となる14種類のアレルゲンは、ピーナッツ、セロリ、甲殻類、ナッツ、グルテン、ゴマ、牛乳、ルピナス、軟体動物、辛子、卵、魚、大豆および亜硫酸塩です。

  • 規則(EU)No 1379/2013、通称CMO規則(漁獲した水産物および水産養殖物市場の共通機構)

この規則では漁獲方法と海産物の産地に関わる表示ルールが強化されます。魚のラテン語の学名、使用された漁具および漁獲水域または副水域のラベル表示が義務付けられます。

 

Evolisラベリングソリューション

Evolisは値札の作成とプラスチックカードへの印刷をサポートする完全なソリューションを提供することで、食品事業者の更新処理の単純化・最適化に貢献します。

プラスチックカードの採用にはブランドイメージの向上に加え、次のようなメリットがあります。

  • 食品に触れても安心
  • フレキシブルなデザイン
  • 丈夫なプラスチックメディア
  • 簡単なお手入れで衛生管理
  • プリンタソフトウェアに価格履歴をインポートするオプション

 

オランダのエボリス販売代理店Korthoは、160以上の小売店にEvolisプライスタグソリューションを導入することに成功しました。

プレスリリース「Evolisのプラスチック製値札」の全文はこちらです。

この投稿を共有する:


Evolisはあらゆるニーズに対応するカードプリンタソリューションおよびサービスのスペシャリストです

お問い合わせ