アクセスコントロール

アクセスコントロールバッジを自分で発行する理由:3つの主なメリット

組織はスタッフを識別し、組織内のアクセスコントロールを管理する責任があります。磁気ストライプまたは接触式・非接触式のICチップ(RFID)を搭載した印刷バッジとバーコード付きバッジ:カードソリューションは複数あります。 バッジの種類を問わず、製造段階とその後の使用において必要なレベルのセキュリティが確保されるように細心の注意を払う必要があります。 アクセスコントロールバッジを自分で作成することを考えたことはありますか? 当社では、IDソリューションを社内で管理することにより得られるあらゆるメリットを今すぐお客様、お客様の従業員、お客様の組織に提供できます。驚きの成果をご期待ください。 独自のIDカードやバッジを作成して企業のセキュリティを強化 デスクトップカードプリンタを使用すると、アクセスバッジを安全な方法ですばやく簡単に発行できます。カードの作成から交換に至るまで、カードの生産チェーン全体を完全に管理できます。自分のデータを第三者と共有する方法は時代遅れになりつつあります。 独自のカードを作成することは、機密データの管理といったセキュリティの観点から見てメリットがあることは間違いありません。アクセスバッジは社内で発行されるため、データが外部に転送されることは一切ありません。個人データを第三者に委ねないことで、データ処理のポリシーを強化できるだけでなく、スタッフの信頼を高めることもできます。データにアクセスできるユーザーを正確に把握することもできます。 アクセスコントロールシステムのセキュリティを強化することのもう1つのメリットは、カードを手渡しできる点です。アクセスバッジを社内で管理・発行すると、現場で直接本人に手渡すことができるだけでなく、受取人の身元確認を行うこともできます。対面で渡すことができるため、バッチの生産拠点から社内に輸送する間にバッジの紛失や盗難が発生する恐れもありません。 アクセスコントロールカードを社内で管理すると、データのエンコーディングによって簡単に機能を追加できます。各種データを統合し、多様なサービスを提供する独自のシステムとしてカードを活用できます。以下に例を示します。 • 前払い:カフェテリア、自動販売機 • プリンタやコピー機へのアクセス • 機器の貸し出し:PC、スマートフォンなど さまざまなサービスへのアクセスを保護・合理化することで、組織の運営を最適化できます。 アクセスカードの発行に関連するコストの管理を改善 経済的メリットの1つは、現在のシステムを置き換えないという点です。インフラを維持することで使用コストを制限できるほか、インフラを進化させることができます。 実際、日常的に独自のアクセスバッジを発行することで、経済的なメリットを得ることができます。デスクトッププリンタを購入した場合は、以下のようなメリットがあります。 • 必要なカード数に関係なく、片面カラー印刷のカードのコストは0.30ユーロ未満です。 • カード作成時の最小発注量や急ぎの注文にかかる追加コストが不要になります。バッジを1枚だけ発行することもできます。 • カードの配送料を節約できます。 さらに、組織の業務に役立つすべてのカードやバッジの発行に使用するプリンタを最適化することで、投資対効果をより迅速に回収できます。業務に役立つカードやバッジの例を以下に示します。 • ビジター用ID • イベントバッジ • 施設内のサイネージ •…

10 12月 2021
銀行カード

統合型即時発行:支店内でのカード発行を支援する高度なソリューション

支店で銀行カードを即時発行することが一般的になっています。このようなサービスを支援するソリューションは複数あります。 カードリンクのような一部のソリューションは非常に簡単に展開できますが、カスタマイズできる領域は一部の個人データに制限されます(詳細については、カードリンクに関する当社の記事を参照してください)。 その他のいわゆる「統合型」ソリューションを使用すると、グラフィックやデジタルを使用して、ほとんど無制限にカスタマイズできます。セキュリティとサービスの自動化を進めることもできますが、より多くの統合が必要になります。 この記事では、このような「超パーソナル化」を実現する統合型ソリューションについて説明します。これらのソリューションはどのような仕組みになっているのでしょうか。カードリンクとはどのように違うのでしょうか。主なメリットはどのようなものでしょうか。 支店内におけるカードの統合型即時発行:仕組み カードの統合型即時発行ソリューションを展開するには、銀行内にすべてのハードウェアとソフトウェアを設置する必要があります。一部の必須コンポーネント(機器、ソフトウェアなど)は中枢部に設置し、他のコンポーネントは各支店に設置する必要があります。 必須コンポーネント: カードプリンタ:すべての支店に設置します。これらのプリンタを使用して銀行カードを印刷し、グラフィック(デザイン、個人データなど)やデジタル(磁気ストライプエンコーディング、接触式ICチップ、非接触ICチップ)を使用してパーソナル化を行います。即時発行した銀行カードはその場で所有者に渡すことができるため、所有者はすぐに銀行カードを使用できます。カードとインクリボン:各支店は、プリンタに供給するブランクカード(または事前にカスタマイズしたカード)とインクリボンの在庫を確保しておく必要があります。即時発行ソフトウェア:中枢部に設置し、各支店からアクセスできるようにします。銀行のCMS(カード管理システム)からカードをリクエストすると、即時発行ソフトウェアに直ちに転送されます。ソフトウェアはパーソナル化用のデータを準備し、プリンタに印刷ジョブを送信します。セキュリティモジュール(HSM):即時発行ソフトウェアはこのモジュールを使用してカードのパーソナル化に必要なデータを安全に準備します。 このようなソリューションは銀行のシステムと最適な形で統合されます。そのため、このプロセスに必要なすべての手順は自動化されます。 支店内でカードの統合型即時発行ソシューションを使用することの主なメリット 銀行カードを顧客に直ちに提供する方法は複数あります。カードリンクもそのようなソリューションの1つです。統合型即時発行・パーソナル化ソリューションとカードリンクソリューションとの違いはどのようなものでしょうか。 統合型即時発行とカードリンクの比較 優れたデザインを生み出す無限の可能性 カードの外観は無限にデザインできます。これは完全なブランクカードに印刷することができるためです。デザインの可能性に制限はありません。写真などを使用してパーソナル化することで、顧客ごとに異なるカードを作成することもできます。このようなパーソナル化のサービスを提供することで、銀行は競合他社との差別化を図り、ブランドイメージを向上させ、収益を高めることができます。 一方、カードリンクはカードの使用に基づいているため、パーソナル化の範囲は制限されます(カードの所有者となる顧客の姓名など)。 最適な安全性 銀行にとって最も大事なものは顧客の個人データの安全性です。そのため、カードの統合型即時発行・パーソナル化ソリューションは、カードネットワークセキュリティ勧告およびセキュリティ基準(PCI-DSS)に準拠しています。カードを発行する過程で機密データが漏洩することはありません。このような取り組みの一環として、プリンタには暗号や高度なセキュリティオプションを実装しています(デバイスのロック、インクリボンに印刷されたデータの自動削除など)。 効率性の高いプロセス 統合型ソリューションのプロセスは完全に自動化されています(一方、カードリンクを使用する場合は、適切な関連サービスを使用して、発行されたカードを適切な人物にリンクさせる必要があります)。手動操作が必要ないため、時間を節約して操作ミスを削減できます。 カードの在庫をより適切に管理できるため、コストを削減することもできます。 カードリンクを使用する場合は、有効期限がすでに記載されているカードの在庫を管理しなければなりませんが、統合型即時発行を使用する場合は、発行時に有効期限をパーソナル化できるため、そのような制約がありません。これは顧客にとってもメリットがあります。カードの有効開始日が発行日に設定されるからです。すでに有効期限が記載されているカードの場合、有効開始日は発行日より前の日付になります。 入手可能な製品に関するヒント 銀行カードの統合型即時発行・パーソナル化ソリューションには数多くの選択肢があります。理想的なカードプリンタとソフトウェアを見つけるためのヒントを以下に示します。 カードプリンタ カードプリンタはシステムの主要な要素です。適切なモデルを選択するためには、信頼性、人間工学、安全性のレベル、耐久性、互換性に特に注意することをお勧めします。 考慮すべき基準の詳細については、当社の無料のホワイトペーパー「カードの即時発行:メリットとソリューション」を参照してください。 ソフトウェア ソフトウェアソリューションも同様に重要な要素です。以下について検討することをお勧めします。 可能な限り多くのカードプリンタに対応しているソフトウェアソリューションを選択する:ソフトウェアソリューションが多数のカードプリンタに対応していることを確認します。そうすることで、自社に最も適したモデルを選択できます。ソフトウェアソリューションの自動統合がさまざまなカード管理システムに対応していることを確認する:具体的には、銀行のカード管理システムに対応していることを確認します。リモート監視機能を備えたソフトウェアソリューションを選択する:消耗品(カード、インクリボン)の在庫レベルを監視して、各支店の補充を自動化できます。この機能により、サービスの継続性を最大化できます。 システム統合…

10 12月 2021
アドバイス

QRコード付きのPVCカードを作成する方法は?

QRコードが再び注目を集めています。小売、娯楽、イベント、企業、健康など、多くの分野でQRコードが再認識されており、PVCカードにQRコードが印刷されるようになっています。なぜでしょうか。QRコードとクレジットカード形式のカードを組み合わせると、多くのメリットが生まれるため、複数のニーズを満たすことができます。 では、プラスチックカードにQRコードを利用するメリットはどのようなものでしょうか。PVCカードにQRコードを生成するのは簡単なのでしょうか。どのような利用が可能で、どうすればこれらのカードを簡単に作成できるのでしょうか。この記事ではこれらの疑問に答えていきます。 QRコードが再び注目されるようになった理由は? 復活したQRコードは、私たちの日常生活の中で重要な役割を果たすことが予想されます。QRコードは数年前に流行しましたがすぐに人気がなくなり、ほとんど忘れ去られていました。本来の力を発揮していなかったのです。しかし今日では多様な場面で注目を集めており、特にCOVID-19パンデミックはQRコードに対する関心を再燃させました。 ただし今回は医療の緊急事態下で活路を拓いただけにとどまらず、より持続可能な未来を後押しすることが期待されます。なぜでしょうか。新しい習慣が定着しつつあるからです。パンデミック下では予想外の利用方法が数多く生まれましたが、それは通常の生活に戻ってからも通用します。さらに健康関連のアプリは、QRコードに対するユーザーの関心を再度呼び起こし、他の用途にも活用されるようになりました。その可能性は計り知れません。 では、QRコードの特長とはどのようなものでしょうか。  使いやすさ:技術が成功するためには使いやすさが欠かせません。QRコードはスマートフォンのカメラさえあれば、特別なアプリケーションがなくてもすぐに読み取ることができます。衛生的:QRコードは物理的な接触を必要としない技術です。この技術を使用するために必要なものは個人用のスマートフォンだけです。その他に必要なものは一切ありません。柔軟性:QRコードは情報を送信する場合や、アクションを自動的に実行させる場合にも使用できます。情報をデジタルに複製して、より簡単に共有することもできます。耐久性:QRコードはウェブページに誘導するため、ウェブページの情報や実行させるアクションを簡単に更新できます。そのため、印刷メディアのように情報がすぐに古くなることはありません。環境保護:瞬時にアクセス可能な情報を常に最新の状態で送信できるQRコードは、ある時点の情報しか掲載できない印刷メディアよりも優位性があります。Negotium社のような一部の企業は、印刷メディアをQRコードに置き換えることを決定しています。経済的:QRコードは電子ICチップの役割をいくつか果たします。ICチップ素子とそれを構成する機器にはコストがかかりますが、QRコードに必要となるのは印刷だけです。そのため、高度な技術を低コストで使用できます。面白さ:QRコードは読み取りを行わないと機能しません。この操作はユーザーが行います。ユーザーエクスペリエンスの観点から見ると、QRコードには運動感覚を伴うという重要な側面があります。 これらのすべてのメリットが、さまざまな利用方法を生み出しています。 QRコード付きのPVCカード:理想の組み合わせ このような特長を備えているため、QRコードは多くの分野で注目を集めています。一歩進めてQRコードを生成する場合は、まずQRコードを表示するメディアを選択する必要があります。現在最も多くの可能性を秘めているメディアの1つがPVCカードです。  スマートなクレジットカード形式:PVCカードの標準寸法は非常に実用的です。ポケットや財布に簡単に収まるため、常に携帯することができます。高品質なイメージ:丈夫なだけでなくなめらかで柔らかいプラスチック素材は、カードに高級感を与えます。PVCカードの所有者は意図せずPVCカードを大事にする傾向があります。優れた機能:PVCカードは非常に簡単に印刷できます。どのような作成・用途にも対応できます。 QRコード付きのPVCカード:潜在的な利用方法 小売業 小売業界においてQRコード付きのプラスチックカードは、コミュニケーションやマーケティングツールボックスの主要なコンポーネントとなっています。店舗に洗練された印象を与えるため、ブランドイメージを向上できます。製品やサービスに関する追加情報を提供すれば、カスタマーエクスペリエンスを向上させることもできます。サービスやプロモーションの詳細を紹介する場合にも使用できます。店舗への来店だけでなく、オンラインストアへのアクセスを促すためにも、QRコードは利用できます。 用途:  ロイヤルティーカードギフトカード製品ラベルプロモーションラベル製品証明書 娯楽とイベント QRコード付きのプラスチックカードのメリットは、文化施設、スポーツ施設、飲食店も享受できます。このメディアは顧客に重要な情報を提供します(レストランのメニューなど)。アートギャラリーではQRコード付きのカードを使用して、オブジェに関する追加情報を提供できます。よりインタラクティブで情報豊富なエクスペリエンスを来場者に提供できます。スポーツやイベントの分野では、見本市、フェスティバル、スタジアム、スポーツ施設、スキー場など、さまざまな開催地で使用することで、アクセスコントロールを自動化できます。 用途:  メニューウォールラベル各種スポーツのシーズンパススキーリフト券映画チケットフェスティバルチケット見本会のビジター用バッジ 企業 企業でQRコード付きのバッジは主にアクセスコントロールに使用されます。これにより、スタッフとビジターの両方が適切なポリシーに従って建物に出入りできます。社員バッジは他の目的で使用されることも少なくありません。たとえば、プリンタ、コーヒーメーカー、スナックの自動販売機にアクセスするために使用されます。さらに一歩進めて、QRコードを使用して特定のアクション(部屋の予約など)を自動化することもできます。 その他の用途としては、社外に持ち出される機器の識別に使用することもできます。これを行うには、QRコード付きのバッジをコンピュータ用のバッグに装着します。機器を紛失してもQRコードがあれば、発見者はウェブサイトや連絡先フォームから簡単に所有者と連絡を取ることができます。 建設分野でも、QRコード付きIDを使用することで、建設現場の出入りの安全性を確保しています。 用途:  多目的社員バッジビジター用バッジアクションの自動化に使用するディスプレイ建設現場のID 目的別用途:QRコード付きの名刺 名刺を強化 QRコード付きの名刺を作成することは賢い選択です。最小限のスペースに最大限の情報を掲載できます。QRコードはあらゆる種類のURLに誘導することができます(ソーシャルネットワーク、履歴書、ウェブサイトなど)。自動的にアクションを実行させることもできます(アドレス帳への連絡先の追加、メッセージ・電話・メールの発信など)。…

10 12月 2021
アクセスコントロール

医療現場でデータのセキュリティを最適化しながら人員の識別を簡素化する方法は?

Healthcare establishments house a wide variety of populations: medical and care staff across a multitude of specializations; administrative, maintenance, and security personnel; patients, visitors, providers, etc. What’s more, these populations are constantly fluctuating.  そのため、施設の安全を確保して運営を円滑に行うためには、人の識別、特にスタッフの識別が不可欠です。IT管理については、識別システムが効果的かつ持続的であり、状況の複雑さに配慮したものでなければなりません。また、医療施設で人員の確認を行うスタッフにとって使いやすいものでなければなりません。…

10 12月 2021
アドバイス

展示会で使用するプロ品質のアートラベルを簡単に作成する方法は?

作品の横に表示されるラベルとは? アンティークショップ、アートギャラリー、写真展では、展示されている作品の情報が来場者にほとんど(またはまったく)提供されない場合があります。 一方、展示会の来場者は作品をより深く理解して楽しむため、作品についてできるだけ多くのことを知りたいと考えていることが少なくありません。しかし作品を展示しているアーティストや画廊のオーナー、古物商が、そのような芸術愛好家の質問に常に答えてくれるとは限りません。 アーティストの中にはあえてラベルを表示せず、自分の作品のみを展示することを望む人もいます。   ただし一般的には、視覚芸術、彫刻、オブジェを問わず、美術館やアート関係者は展示用ラベルを使用して、一般の来場者に作品のタイトルなどの情報を提供しています。 作品の近くに表示されるラベルの目的は、情報を目立たないようにわかりやすく伝えることにあります。展示作品の邪魔になってはなりません。多くの場合、ラベルにはアーティスト名、作品のタイトル、作品の寸法、作品に使用された技法、作品の制作年が記載されます。つまり、ラベルは作品やオブジェの「IDカード」なのです。ラベルは、「タグ」、「カルトゥーシュ」、「サイン」、「インサート」と呼ばれることもあります。 商業施設のギャラリーでは、販売価格の表示に作品のラベルが使用されます。これにより、購入希望者は価格を確認できます。総合的な情報が表示されたラベルは、透明性と信頼性の証になります。展示会には何十人もの出展者がいます。展示用ラベルは他の出展者と差をつけるための手段にもなります。 展示用ラベルは十分に検討する必要があります。おろそかにしてはいけません。展示会場のイメージアップや差別化を図る重要な手段になるからです。 プロ品質の展示用ラベルを作成する方法は? 展示用ラベルを作成する方法はいくつかあります。 ラベルを手作りで作成すると、いくつか落とし穴があることに気付きます。手作りのラベルは視覚的に完成度が低くなりやすいため、芸術作品の横に表示すると目立ってしまう場合があります。紙のラベルは破れたり汚れたりして次第に古くなっていきます。ラベルの作成は手間がかかるだけでなく、展示会ごとに作成し直さないといけません。時間をいたずらに浪費することになります。 アートや画像の関係者にはあまり知られていませんが、Evolisの印刷ソリューションを使用すると、高品質な展示用ラベルを必要に応じて瞬時に作成・印刷できます。 プラスチックカードに印刷することでプロ品質のラベルを作成し、作品の展示を際立たせることができます。また、作成したカードは繰り返し使用できます。ラベルに表示する情報を選択し、イメージ通りにカスタマイズできます。作品リストをExcelファイルにインポートすれば、手入力の手間と時間を省くことができます。さらに、ラベルはその場で自分で印刷できます。必要なときに1枚ずつ印刷することも、まとめて印刷することもできます。10秒足らずで展示用ラベルを印刷し、すぐに表示することができます。 アートギャラリーの展示用ラベルをプラスチックカードでデザイン・印刷するメリット このソリューションに投資すると、以下のようなメリットがあります。 絵画、芸術品、写真、彫刻、オブジェの展示を際立たせることができます来場者に適切な情報を適切な形式で提供できます プレゼンテーションラベルの視覚的効果を高めることができますギャラリーのイメージをよりプロフェッショナルにすることができます必要に応じてラベルを自分で印刷できますラベルの作成プロセスを容易にして時間と労力を節約できます安価なソリューション(ラベル1枚あたり数十セント)を利用できます Evolisのソリューションには展示用ラベルの印刷に必要なものすべてが揃っているため、未経験のアート関係者でもすぐに印刷することができます。 Zeniusプリンタcardpressoソフトウェア:ラベルをカスタマイズできます消耗品:印刷リボン、ブランクカード あらゆるニーズに対応するため、EvolisはPVCラベルと紙ラベルの両方を提供しています。PVCは湿度の高い環境でも劣化しない耐久性のある素材です。FSC認定済みの用紙は、持続可能な方法で管理されている森林から調達されており、プラスチックを使用していませんが洗練された印象を与えます。…

10 12月 2021
銀行カード

カードリンク:銀行カードの即時発行を簡単に展開

金融機関は、顧客との近接性、柔軟なカード発行、郵送料の削減、洗練されたイメージの確立に取り組んでおり、その一環として銀行カードを顧客に発行する方法が分散化されています。銀行カードは支店で即時発行されるようになっています。 カードリンクを含め、このようなサービスの実装に対応する技術ソリューションは数多く存在します。分散化のメリットはどのようなものでしょうか。支店でどのように展開されるのでしょうか。組織に適合するでしょうか。ここではカードリンクについて知っておくべきことをすべてご紹介します。 カードリンクの仕組み カードリンクとは、銀行カードの即時発行に使用されるプロセスです。事前にパーソナル化された銀行カードと、そのカードの所有者となる顧客との間にリンクを確立します。この方法は広く使用されており、手順は最もシンプルです。 3つのステージがあります。 ステージ1:銀行はグラフィック(カードの背景デザイン)とデジタル(磁気ストライプ、接触式・非接触式ICチップ)の両方を使用してパーソナル化したカードを支店に提供します。カードには顧客に発行するために必要なすべての情報が含まれています。ただし、カード所有者の名前は記載されていません。この時点でカードは匿名になっています。ステージ2:銀行はカードを顧客に発行する直前に、カード所有者の名前をカードに印刷します。これはプラスチックカードプリンタを使用して簡単に行うことができます。ステージ3:銀行はカードとカード所有者との間のコンピュータリンクを確立します。これはカードプリンタを使用して磁気ストライプのデータを読み取ることで、自動的に行うことができます。銀行のカード管理システム(CMS)にカード番号を入力して、手動で行うこともできます。 上記のように、この方法で銀行カードを即時発行する手順は非常にシンプルです。メリットはそれだけではありません。 カードリンクの4大メリット 1 手が届きやすいソリューション 銀行カードの即時発行にかかる初期投資は、カードプリンタとその消耗品(カード、インクリボン)の購入にかかる費用のみです。このソリューションは月額契約料金や追加の運用サービスを必要としないため、長期的に見ても費用は抑えられます。 2 設置が容易 カードのデータは手動でCMSに入力できるため、カードリンクはソフトウェアの拡張やIT関連の統合を必要としません。この方法の大きなメリットは、複雑なプログラミングを行わずに簡単に設定できる点です。 3 日常的に使用しやすい プリンタ操作の手間を最小限に抑えることができます。スタッフはカード所有者の名前をカードに印刷し、カードのデータをCMSにコピーするだけで済みます。これらの2つの操作は直感的に実行できるため、特別なトレーニングは必要ありません。 4 すぐに利用可能 ITの展開が容易なため、システムをすばやく支店に設置・準備できます。日常使用においてはほとんど追加作業がないため、すぐに利用を開始できます。 銀行カードの在庫を綿密に管理 カードリンクを使用する場合、最初の手順として、パーソナル化した銀行カードを注文する必要があります。カードを注文する際は、すでに有効期限が記載されているカードの在庫を考慮する必要があります。銀行にカードが届いた時点から有効期限のカウントダウンは始まります。このため、カードの在庫管理には特に注意が必要です。十分な数のカードを確保して需要に応える必要がある一方、在庫数が多過ぎると、発行するカードの有効期間が短くなってしまいます。高い満足度を維持するには、在庫を慎重に管理する必要があります。 カードリンクの可能性を最大限に引き出すには カードリンクの技術には多くのメリットがありますが、制限もあります。 リスクを最小限に押さえて使用方法を最適化するにはどうすればよいでしょうか。 1つのカードテンプレートを使用することで、在庫管理は容易になります。カードの要件を事前に的確に評価することで、在庫レベルの管理を改善できます。 カードリンクはテスト段階で使用することもできます。これにより、過剰な投資を行わずに、銀行カードの即時発行を支店内のサービスという観点から評価できます。このようなテスト段階での使用は、追加のメリット(高度なグラフィックのパーソナル化、エンコーディングなど)を提供するより完全なソリューションを展開する前に実施すると非常に便利です。…

10 12月 2021