Close

スーパーマーケット生鮮食品売場のプライスカード作成に優れた効果を発揮するソリューション

プロジェクトについて相談する

お問い合わせ
すべてのケーススタディを表示する
Sample card monolith

2018年以降、ドイツのスーパーマーケットMix-Marktの42店舗が、生鮮食品のプライスカード作成にEdikio Price Tagのオールインワンソリューションを採用しています。

 

最初のトライアルでその効果を認めたMonolith西部地域統括局は、当地域のMix-Markt42店舗用として、ドイツの販売代理店IdentbaseにEdikio Price Tag Accessソリューションを発注しました。
2018年以降、これらのスーパーマーケットはEdikio Price Tagソリューションを用いて、肉・魚売り場の生鮮食品用プライスカード作成とプリントを店舗で直接行っています。
スタッフ研修は電話で行い、Edikio Price Tagソリューションは手軽かつソフトが楽に使えるため、従業員は直ちに扱えるようになりました。

各店舗の生鮮食品売場において、80~150点のプライスカードが使用されていますが、商品情報や価格の変更のない限り、再発行は必要ありません。

 

お客様の声の全文はEdikio Webサイトでご覧ください

 

 

Edikio Price Tagソリューションで、プライスカード作成がとても楽になりました。ソフトの使用は簡単で、各スーパーマーケットの経営者は、ライブラリでモデルを選んでデザインをカスタマイズするとともに店舗ロゴを加えてからプリントします。

  Alexander Keller Monolith West 販売責任者

 

このケーススタディを共有する