政府機関

公的機関機密データ

Evolisの印刷ソリューションおよびエンコーディングソリューションにより、政府機関は、安全性の高い公的文書を作成でき、身分証明書カード偽造を防止できます。

プロジェクトを確認して適切な機器を特定

公的文書をカードで発行するプロジェクトでは、対象となる人々が重要になります。つまり、カードを受け取る人々です。行政機関のカード印刷プロジェクトには大きく分けて2種類あります。特定の人々を対象としたプロジェクトと、全国の人々を対象としたプロジェクトです。

特定の人々を対象としたプロジェクト

この種類のプロジェクトでは多くの場合、社会人口学的な基準や職業的な基準に基づいて人々をグループ化します。たとえば、同一都市に住むすべての人々、特定の年齢の人々、特定の職業に就いている人々(警察官証、軍人証など)です。パーソナル化したカードを提供することで、これらの人々はさまざまなサービス、メリット、特典、権限を利用できます。カードは、特定のグループに属していることを公式に証明する役割を果たします。

この種類のプロジェクトでは、カードの発行枚数が比較的少ないため、即時カード印刷が適しています。このようなカードはオンデマンドで印刷し対象となる人々にすばやく発行できます対象となる人々にアクセスすることを可能にする興味深い方法です。

全国の人々を対象としたプロジェクト

このようなプロジェクトは全国の人々を対象とします。カードの発行枚数は通常、数千枚から数百万枚と莫大な量になります。国民IDカード運転免許証健康保険証有権者登録証などを印刷する場合が考えられます。適切なインフラが整っている国では、このようなプロジェクトを産業用プリンタを使用して実行できます。十分なサービスが整っていない国では、デスクトッププリンタによる印刷が最適なソリューションです柔軟かつ簡単に導入できます

集中型印刷と即時印刷

デスクトッププリンタは集中型印刷と即時印刷の両方に適しています。

即時印刷ではプリンタが複数の場所に配置されます。マシンを地理的に分散させることで、生産能力を簡単に調整してすばやく対応できます

当社のカードプリンタを使用すると、集中型印刷も実行できます。この場合は、すべてのプリンタを同じ場所に配置します。産業用マシンに比べてデスクトッププリンタは設置や試運転にかかる時間が大幅に短いので、納期の厳しいプロジェクトに最適です生産能力の調整も非常に容易になります。プリンタの設置台数を調整するだけで済みます。

公的文書印刷のあらゆる段階でメリットをもたらすデスクトッププリンタ

地域的規模のプロジェクトか全国的規模のプロジェクトかを問わず、各プロジェクトは個人データの記録からカードの最終使用に至るまで、4つの段階を辿ります。

個人データの記録と管理

この段階は対象となる人々からデータを収集することから始まります。このデータには姓、名、生年月日だけでなく、指紋などの生体データも含まれます。次に、デスクトッププリンタを使用して、このデータを対象となるユーザーのカードに直接組み込みます。印刷機能を使用してグラフィックのパーソナル化を行うことも、さまざまなエンコーディングオプションを使用してデジタルのパーソナル化を行うこともできます。

公的文書の発行

すぐに使えるカードを完成・発行する際、グラフィックやデジタルのパーソナル化だけでは安心できない場合があります。セキュリティや耐久性の観点から、ラミネートを使用してパッチやコーティングを施したり、場合によってはホログラム要素を追加したりする必要があります。これらのすべての機能はカードプリンタですばやく簡単に実行できます。

公的文書の配布

分散型即時印刷システムでは、カードを印刷してすぐにユーザーに発行できます。そのため、郵便サービスの影響を受けることはありません。国によっては郵便サービスの信頼性が低く(郵便物の紛失、盗難など)、配達に長時間かかる場合があります。カードの即時印刷ソリューションを活用した場合、登録した人々が実際にカードを受け取る確立は100%近くに及びます。

公的文書の使用

場合に応じて程度の差はありますが、発行された公的文書は定期的に使用されます。このような公式文書は通常、比較的長期にわたって使用されるため、使用するメディアも耐久性に優れている必要があります。プリンタによってはラミネートを使用できます。この場合、ドキュメントは最長で10年間使用し続けることができます。

行政機関が直面する課題への具体的な対応

このような公的文書を発行する場合はさまざまな課題について考慮する必要があります。

  • インクルージョンを推進してすべての人々に同じ権限を提供する,
  • ドキュメントのセキュリティを確保して偽造を削減する,
  • 高品質なドキュメントを作成する,
  • 公的文書のコストを抑える.

包摂的な配布を通じてインクルージョンを推進

すべての住民に平等をもたらすインクルージョンは重要な指針です。すべての人々が同じサービスを利用して同じ権限を持つことを意味します。できるだけ多くの人々が公的文書にアクセスできるようにし、あらゆる種類の差別を防ぐためにはどうすればよいのでしょうか。この課題のほとんどは、包摂的な配布方法を選択することで解決できます。

配布に不可欠な工程を最適な方法で処理するには、公的文書を手動で配布します。こうすることで、目的の文書を確実に配布できます。郵便サービスと異なり、不着の恐れはありません。このような場合は、分散型印刷向けに編成されているカードプリンタが特に適しています。カードを即時発行できるためです。

コンパクトで設置が容易なため、柔軟性が高く、さまざまな方法で使用できます

  • 国内の複数の場所に設置する:いくつかの島で構成されている国や、地理的に離れた領域が含まれている国などに特に適しています。これはセルフサービス端末を使用して実装できます。
  • 持ち運び可能なソリューションを使用する(スーツケースに入れて運ぶなど):面積が広く人口密度の低い広大な国に対応できます。このようなプロジェクトに使用するプリンタは完全に自律的で、太陽エネルギーを利用します。輸送状況(ほこり、砂、土など)に耐えられるように、保護カバーも付いています。

この2つの方法はどちらも輸送問題を解決するため、全国の人々のアクセスを推進できます

適切な技術を使用して安全なドキュメントを発行

行政機関の公的文書発行に伴うセキュリティの課題は2つあります。

  • 安全な発行プロセスを確保する
  • 適切なセキュリティレベルを備えた最終文書を発行する

印刷したデータを保護することもできますデジタルスクランブルリボンスクランブルなどの技術により、データはプリンタに保存されることも、リボンから読み取られることもありません。

分散型即時印刷では、カードを発行する際、拠点を国外に置くことが多いサプライヤに頼る必要がありません。このように地域ごとに発行することにより、国は国民のデータを単独で管理できます。そのため、行政機関は公的文書を完全に独立した形で発行できるほか、サードパーティに頼ることなく、より安全なプロセスを確立できます。

セキュリティはドキュメント自体にも関係します。公的文書はできるだけ偽造しにくくする必要があります。そのためには、プリンタでカードのグラフィックやデジタルをパーソナル化します。パーソナル化のレベルや使用する技術に応じて、最も基本的なセキュリティから最も高度なセキュリティに至るまで、さまざまなレベルのセキュリティを活用できます。たとえば、個人データ、カラー写真、磁気ストライプ、生体バーコード、UV印刷、マイクロ印刷、ホログラム(CLR、3D空間背景、エンボス効果など)、接触式チップ、非接触式チップ、生体データなどを活用できます。

これらすべてのパーソナル化オプションは組み合わせて使用できます。そうすることで、ドキュメントのセキュリティを一層強化できます。そのため、希望のセキュリティレベルと予算とのバランスを適切に取ることができます。ドキュメントの信頼性の検証にかかるコストは、カードに使用されているセキュリティ要素によって異なります。

  • 肉眼で見えるセキュリティ要素:すばやく簡単に行える視覚認証です。機器やトレーニングは必要ありません。
  • 肉眼で見えないセキュリティ要素:簡単な器具(虫眼鏡、懐中電灯、UVランプ、赤外線ランプ、レーザーペンなど)を使用する認証です。
  • 専門家の関与が必要なセキュリティ要素:複雑な実験装置を使用する認証です。高度なスキルと専門知識を必要とします。

発行したドキュメントの品質を確保

公的文書の品質も同様に重要です。以下の条件を満たす必要があります。

  • ドキュメントのセキュリティを強化する
  • 公的で洗練されたイメージを与える
  • 数年にわたるドキュメントの耐久性を保証する

プラスチックカードは長持ちし、取り扱いによく耐えます。仕上げの方法にもよりますが、ラミネートモジュールを使用した場合は、最長で10年間使用し続けることができます。公的文書は長期間使用しなければならない場合が多いので、これは大きなメリットです。

ドキュメントの所有者を効果的に識別し、カードのセキュリティを強化するには、高品質な写真が必要です。発行されるカードの品質は、使用する印刷技術の影響も受けます。たとえば、フチなし印刷を使用しているかどうか、印刷の彩度が高いかどうかです。どのような外観を希望するかに応じて、D2T2技術再転写のいずれかを選択できます。

プラスチックカードには、人々の目に公的で高品質なイメージを与えるというメリットもあります。その結果、人々の満足度にも貢献します。

上記の目標を達成し、コストを最適化

行政機関の主要な課題の1つは予算です。上記に示したさまざまな目標が重要であることは明らかですが、経済的側面を無視することはできません。産業用プリンタと比較すると、デスクトッププリンタは製品の有効期間のあらゆる段階でコストをより適切に最適化できます

  • 購入と設置:デスクトップマシンは一連の大規模マシンに比べて製造プロセスが短いため、極めて迅速に購入できます(サプライヤによって異なる場合があります)。一度購入すれば、簡単に展開してすばやく設置できます
  • 使用:デスクトップマシンの使用方法は簡単で、特別なスキルを必要としません。直感的に操作できるため、印刷ジョブをすばやく開始できます。一連の大規模プリンタは通常、使用方法がより複雑になります。
  • メンテナンスカードプリンタのメンテナンスは、リボンの交換、カードの補充、修理を含め、非常に簡単です。特定のプリンタのメンテナンスを行っている間、他のすべてのプリンタは引き続き作動させることができます。これにより、1台の産業用マシンでは実現できないサービスの継続性が保証されます

公的文書発行用のセルフサービス端末

カードプリンタはセルフサービス端末に組み込むこともできます。これらの端末により、ユーザーはさまざまな操作を単独で簡単に実行できるようになります。これらの端末を使用すると、公的文書をカードに印刷して、すばやく更新することができます。このため、プロセスの実行を加速化し、完全に自動化できます。端末は全国各地に導入することで、最も離れた地域(農村部など)に対応することができます

このような端末は専門のシステムインテグレータと共同で開発されています。カード印刷を補完する追加機能は、お客様のニーズに合わせて組み込むことができます。

電子署名タブレット:プロセスを簡素化、コストを最適化

多くの場合、公的文書の発行時には市民の署名が必要になります。紙に署名する場合は多くの制約が伴います。たとえば、処理に時間がかかる(印刷、スキャン、保存、送信)、アーカイブされた紙のドキュメントはすぐに見つけることが難しい、必要な機器(給紙プリンタ、用紙、インク、スキャナなど)に伴うコストが高い、住民データのセキュリティが最適化されない、などといった点が挙げられます。こうした制約を解決するのが電子署名タブレットです。

独自のプロジェクトに対応する独自のソリューション

行政機関のプロジェクトの調査・実装を専門としている当社のエンジニアチームは、20年以上にわたって行政機関をサポートしてきました。規模や複雑性を問わず、エンジニアチームはあらゆる専門知識を駆使してプロジェクトを実現します。だからこそ、当社は完全なカスタマイズソリューションを提供することができるのです。