Close

電子署名で効率を最適化

  • 電子署名とは何ですか? 
  • 電子署名を行うことができるのはどのような文書ですか?
  • 電子署名には、手書きの署名と同様の法的有効性がありますか?

 

電子署名とは何ですか? 

手書きの署名を電子化したものです。署名者の本人性、またその文書の完全性と発行元を保証します。

電子署名を行うことができるのはどのような文書ですか?

すべての種類の文書に電子署名を行うことができます(Word文書、PDFなど)。

PDF形式が最も多く使用されています。PDF形式の文書はセキュリティ性が高く、また複数の電子署名に対応しています。

電子署名には、手書きの署名と同様の法的有効性がありますか?

はい、あります。国によって法律はさまざまですが、多くの法律が電子署名の法的有効性を認めています。

ヨーロッパと米国の例をご紹介します。

  • 1999年12月13日の欧州指令では、電子署名の有効性を認めています(第5条)。この指令では、電子署名の技術を次のように定義しています。「電子的データであって、他の電子的データに添付され又は論理的に関連付けられており、認証の方法に供するもの」(第2条)。この指令は、「署名認証」や「認証サービスプロバイダー」の観念を取り入れているという点で、画期的でした。
  • 2000年3月13日の法律により、フランス法に電子署名が導入されました。この法律により、電子署名は手書きの署名と同等の効力を持ち、手書きの署名と同等の同意を必要とします。
  • 米国では、2000年6月30日の連邦法(グローバル商取引及び国内商取引における電子署名法、通称「ESIGN」)が、この件について定めています。

 

電子署名で効率を最適化 

電子署名の導入によって、文書の確認作業を簡略化し、組織の効率を最適化します。

  • 中断のないプロセス:署名するために文書を印刷し、署名後にスキャンするといった作業をなくします。
  • 署名済み文書を簡単管理:メールによる送信や自動保管によって、書類配送サービスの利用を削減します。
  • 組織横断的な即時の情報流通:確認済みの文書をデジタル化し、権限を持っている人すべてがアクセス可能になります。

セキュリティの強化

電子署名は、手書きの署名とは異なり、以下の両方の点を保証することができます。

  • 署名者の本人性を証明:電子署名は偽造されることがなく、署名者の本人性についての確実性を提供します。
  • 署名による文書の完全性:電子署名が行われた文書は改ざんすることができません。署名は文書と不可分であり、その署名を他の文書に使用することはできません。

イメージとユーザーエクスペリエンスの向上

お客様やパートナーがパッドに署名できることで、ブランド力の向上にもつながります。

  • 署名者は文書の確認がより簡単になります。
  • 電子署名パッドの導入で組織に現代的なイメージを与えます。
  • 文書の確認プロセスから印刷作業を排除することで、職場の環境負荷を低減します。